お金を借りるなら自分だけのキャッシング方法を考えよう

即日融資の限度額

最近のキャッシングは小口金融と言えないほどの高額融資がおこなわれるようになっていて融資限度額が最大で1,000万円といった銀行カードローンもありますが、誰でもが利用できるわけではありませんが、この融資限度額はどのようにして決められるのでしょう。
キャッシングを通常申込や即日融資に申し込むと仮審査がおこなわれ、仮審査の結果がメールや電話を使って伝えられ、そのときに融資限度額は決まります。
融資限度額をあげるためには増額申請をすることで徐々に融資限度額があげられます。
キャッシングには消費者金融と銀行カードローン、クレジット会社がありますが、キャッシングを始めるときは審査に通らなければなりません。
消費者金融と銀行カードローンでは審査基準に違いがあり、限度額も変わります。
大きく違うのは消費者金融やクレジット会社は貸金業法の総量規制が適用され融資限度額は年収の3分の1以内と制限を受けるため、融資限度額は最大でも年収の3分の1をこえることはありません。
たとえば年収が300万円の人が消費者金融へフリーローンを申込むと融資限度額は最大でも100万円になり、それ以上増えることはありません。
ただ、「おまとめローン」や「事業者ローン」は総量規制の例外にあたるため、年収に関係なく審査に通れば総量規制で決められた以上の融資が受けられます。
銀行カードローンは銀行法で事業をおこなっているので総量規制の対象にはならず、銀行はそれぞれの独自審査で融資限度額を決めることができるのでこのような高額融資が可能になっています。

お金を借りるなら自分だけのキャッシング方法を考えよう

お金を借りるなら、自分専用のキャッシング方法つまりルールを決めておかなくてはなりません。
無計画なキャッシングほど怖いものはないことを覚えておく必要はあります。
お金を借りることは借金をすることです。
キャッシングという柔らかい言葉に変えられてはいるものの借金であることに変わりはありません。
借りた金額は返さなければならず、その借りた金額だけを返すのではなく利息をのせて返済をしなければなりません。
完済までの期間が長くなればなるほどに利息の支払いが大きくなります。
借りた金額よりも利息の方が最終的に上回ることさえあります。
これは計画性があるキャッシングとは言えません。
お金を借りるときには必ず、ルールを取り決めておきましょう。
例えば、一回の借り入れをしたら完済するまで次の借り入れは絶対にしない、これだけでも立派なルールです。
また一回で返済ができる金額だけに抑える、これもまたルールとして有効になるでしょう。
消費者金融の金利は高く、銀行の金利は低い、そういわれていますが計画性の無いキャッシングをしてしまえば意味がありません。
ルールを決めることは難しいことではありません。
あまりに詳細な計画を立ててしまえば逆にトラブルが発生した時の対応が追い付かないでしょう。
簡単なもので構いません。
簡単なルールで構いませんので必ず守りきれる約束事を自分に決めておきましょう。
お金を借りることは簡単ではありますが返済することは決して簡単なことではありません。